FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

虐めの復讐(5)

龍太の手が無意識のうちにブラジャーに触れた。
(やめろ。和彦に流されてどうする)
そう思うが、和彦の喘ぎ声から逃れる術はなかった。
龍太はブラジャーの中に指を滑り込ませた。
そして隆起した乳頭に触れた。
「ぁ…」
無意識に声が出た。
和彦に聞かれたかと思ったが、和彦は自分の行為に集中しているみたいだ。
左手で胸を、ショーツの中に右手を入れていた。
女性器を弄んでいるようで、クチュクチュと音を立てていた。
龍太が何をしても眼中にないようだ。

龍太は声を出さないよう注意しながら再び乳頭に触れた。
まるでペニスの先が胸についているようだ。
それほど気持ちいい。
目を閉じて声を出さないようにしてその行為を続けた。

「龍子ちゃんもやってるじゃん」

急に声がした。
龍太はあわてて目を開けた。
目の前にはニヤニヤと笑いながら可愛い女の子が龍太を見ていた。
それが和彦だと認識するのに少し時間が必要だった。
それに気づくと龍太は顔が急激に赤くなっていくのを感じた。
「う…うるさい。近くであんなことされたら、普通の男が我慢できるわけがないだろ」
「そうそう、我慢はいけないよね。だったら一緒に楽しもうぜ」
そう言って龍太の肩を掴んだ。
龍太は蛇に睨まれた蛙のごとく動くことができなかった。
可愛い女の子の顔が近づいてきた。
それが和彦だと分かっていても、龍太は逃げることができなかった。
そしてついに唇を重ねられた。
やがて舌が龍太の口の中に入ってきた。
それでも龍太は動けなかった。

そのままゆっくりと後ろに寝かされた。
ブラジャーの上から手で龍太の乳房を揉まれた。
「や…めろ…」
そうは言ってみたが、抵抗する様子は見せなかった。
女どうしだ。
犯されることはないはずだ。
何より興味があった。
この女の身体の感じ方に。

和彦は龍太のブラジャーのフォックを外した。
そしてブラジャーをずらして乳房に直接触れた。
「龍子の胸、とても綺麗よ」
和彦は女のような話し方をした。
そのせいでさらに警戒心が失せた。
「…三雲……」
「三雲はやめて。李奈って呼んで」
(なんだよ、李奈って)
そうは思ったが、龍太はそれを口にしなかった。
和彦が龍太の乳房に舌を這わせ始めた。
時々、舌が乳首に当たる。
その度に電気が流れるような快感を感じ「ぁ…」という声が漏れた。

やがて和彦は優しく乳頭を口に含んで舌の上で転がすようにした。
「李奈…、やめろ…、おかしくなる………」
龍太は初めて感じる強い快感に本当におかしくなりそうだった。
息をするのも忘れるほど感じた。
苦しいほどだった。
それでも暴力的な行動は起こさなかった。
されるがままにされていた。
それほど女としての快感に飲み込まれていたのだ。
この快感を感じ続けていたかった。

18:01 | 虐めの復讐 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
| top | 虐めの復讐(4)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。