FC2ブログ

フェチ(31)

僕はすぐに社長に電話した。
直接顔を見て話したかったので、電話では何も伝えなかった。
ただ「会いたい」とだけ伝えた。
社長はすぐに行くと言ってくれた。

社長が僕の部屋に来たのは、それから20分ほど経ったときだった。
社長の顔を見ると、どういうわけか涙が出た。
自分でも訳が分からなかった。
止めようと思ったが、まったく無駄だった。
涙腺が壊れたように涙が流れた。
社長は何も言わず抱きしめてくれた。
僕は南先生から言われた話を社長に話した。
社長は途中口をはさむことなく、話を聞いてくれた。
続きを読む
15:55 | フェチ | comments (0) | trackback (-) | page top↑