FC2ブログ

フェチ(30)

「直美さん、今日はお待ちかねの診断結果をお話します」
やっと女の子になる一歩を踏み出せるのだ。
後戻りのできない一歩を踏み出すことへの不安がないと言えば嘘になる。
それ以上に僕は期待に胸を膨らませていた。
しかし南先生が言った言葉は想定していない言葉だった。
「残念ながら性同一性障害と診断することはできませんでした」
えっ、どうして?
完璧な話ができたはずなのに。

続きを読む
21:35 | フェチ | comments (0) | trackback (-) | page top↑

フェチ(29)

その日、早めに仕事を切り上げて、紹介された医者に行った。
病院と言っても病院らしい雰囲気はなく、お洒落なエステのような感じだった。
「北原から紹介で来た人だね。えっと塚本直彦さん、かな?」
「はい、今は直美と名乗ってますけど…」
「あ、そのほうが今の君にあってるね。で、直美さん、本当に男性なの?本当の女の子に見えるけど」
「はい、戸籍は男です」
「ずっと女性の恰好をしてるの?いつ頃から?」
「大学からです」
その日はそんな話をしただけで終わりだった。

続きを読む
00:59 | フェチ | comments (0) | trackback (-) | page top↑