FC2ブログ

フェチ(9)

沙亜矢です。
一ヶ月ぶりの更新です。
本当に更新が遅くてごめんなさい。
懲りずにお読みくださいネ。


---
ふと気がつくと、前の方から知り合いの女性が近づいてきていた。
棚瀬瑞希だ。
瑞希は雅臣と同じ高校らしく、大学で雅臣と会えば二人で話をする仲だった。
そうして僕も時々話すようになったのだ。
時には雅臣抜きでも話したりしていたので、僕とは充分よく知った仲だったのだ。
そんな瑞希の目から見れば僕の女装なんて簡単にバレてしまうのでは…。
こんな街中で、大声でばらされたら、恥ずかしさで死んでしまうかもしれない。
「棚瀬だ。逃げようぜ」
「おかしいだろ、急に逃げたりしたら」
そんなことを言って、そのまま歩いていった。
瑞希との距離は確実に短くなっていく。
この距離になると、もう逃げるに逃げられない。
続きを読む
01:04 | フェチ | comments (0) | trackback (-) | page top↑