FC2ブログ

虐めの復讐(2)

沙亜矢です。
GWが終わってしまいました。
ご存知の通り、あまり旧作品のアップはそれほど進んでいません。
お詫びを兼ねて、最初の部分だけ書いて放置していた新作の続きを書きましたので、掲載します。


扉が開いた。
そして何人かの男たちが入ってきたようだ。
身体を動かせない龍太は足音や話し声でそのことを感じていた。
「九鬼のやつ、マジで女の身体になってるじゃん」
「あの話って本当だったのか」
「信じられねえ」
10人以上はいるようだ。

「龍太、いい樣だな」
龍太の視界に入ってきたのは三雲和彦だった。
その背後に数人の男がいることが天井の鏡に映っていた。
続きを読む
23:27 | 虐めの復讐 | comments (1) | trackback (-) | page top↑